代表挨拶

代表取締役CEO 大谷真司

「ワクワクする出会いを創造」-------------------------------------

私たちプラスゲート社は不動産事業を軸にして、レストラン事業を展開する企業です。不動産事業は外食産業用の店舗物件に特化したアレンジやコーディネートが中心で、外食産業と、その周辺サービスを行っております。

<不動産事業>
「ロケーション・ビジネス」とも言われる外食産業は、一部でデリバリーなど発展的な進化を遂げておりますが、まだまだ「店舗」自体の重要性が欠かせないビジネスモデルとなっております。利便性や非日常感の醸成には「店舗という箱」は重要な役割を果たしています。こうした「場」の提供を行う事により、事業者にはビジネスチャンスを、ご来店いただくお客様には場と機会の提供を、時には生産地の地域活性にも一役買い、新たな美味しいモノを発信し、時には街づくりにも繋がる。外食産業への不動産提供は不動産の活用のチャネルとしては、最も「遊び心」があり、世の中に必要な「愉しみ」を提供するものだと考えています。

<レストラン事業>
・Al Porto(本格イタリアン・リストランテ)
  イタリアン界の巨匠、片岡護シェフによる本格イタリアン。より多くの方に愉しんでいただくため
  に、主に百貨店などの商業施設に出店しています。旬の食材が持つパワーに着目し、心と身体を健
  康にするための日本料理的な「旬イタリアン」を提供しております。

・カレーの王様チェーン店(欧風カレー専門店)
  大手スパイスメーカーから譲渡を受けた欧風カレー専門店ですが、日本の国民食とも言われるよう
  になったカレーは、日本古来の薬草文化とイギリスからもたらされたハイカラな洋食文化が融合し
  たもの。伝来100年を超えて進化した「カレー」を、さらに世界に広めるために、新たな発展を
  志向する研究を行い、新ブランド開発やFC展開などを行います。

・汐留バル7 ほか
  気軽にワインを愉しみ、集まれる場所を提供し、カウンター越しにお客様をおもてなしする業態。
  都会人のストレス発散や新しい出会いの場になればと想い、若いメンバーが集まって創ったお店で
  す。こうした笑える楽しみがある「秘密基地」的なお店も、心の潤いや安らぎには必要だと思い
  ませんか?

私たちプラスゲート社は、こうした事業を通じて、社会に「ワクワクする出会い」を提供・発信し続ける企業として、これからも展開して参ります。

代表取締役CEO 大谷真司

1968年 奈良県生まれ。大阪市立大学 大学院 創造都市研究科 卒業。 学生向けアパート斡旋会社を経て、不動産販売代理会社に入社。
同社での営業職と管理職の経験から商業系不動産の開発に興味を持ち、平成11年に起業。
大阪西区で街づくりの観点から、多くの話題店の組成サポートを行い、地域活性化の一端を担う。
経営を共同で行うジョイント・ベンチャー店舗を数多く組成し、2005年には東京進出。
自社の成長を促進する原動力となる傍ら、数々のベンチャー支援セミナーでゲスト講師なども務め、現在に至る。